たるみ顔を補正マスクで、憧れのシャープなお顔に!

はじめに、たるみ用のマスクというのは、フェイスラインのたるみをグッと引き上げて

小顔矯正効果が期待できる補正マスクのことをいいます。

ほほやフェイスラインのたるみは放っておくと重力の影響もあって

どんどん下へと下がってきてしまいます。

そんな時に便利なのがたるみ用のマスクです。

下から上へしっかりとフェイスラインをガードし、

その状態を長時間キープさせることで小顔矯正のような効果が期待できます。

たるみ改善マスクには大きく分けて2種類のタイプがあり、

1つは「寝ている間に使用するタイプ」で、もう1つは「起きている間に使用するタイプ」です。

どちらもフェイスラインのたるみを持ち上げて、その状態をキープするという点は同じですが、

ストレッチしている時間の長さが変わってきます。

どちらが自分に合っているのかを選ぶことができるのです。

メリット

たるみ改善用マスクのメリットは、自宅にいながら小顔矯正のような効果を期待することができるという点です。

フェイスラインやほほのたるみを改善したいと思った時に

エステサロンや小顔サロンに行くことを考える人も多いと思います。

そいうったサロンに通うと時間とお金がかかってしまいますが、

自宅で好きな時間にたるみケアができるアイテムがたるみ用マスクです。

フェイスラインやほほのたるみは、肌の弾力が失われたことで重力の影響をうけて皮膚が下がってきてしまった状態です。

つまり、このたるみを引き上げた状態をキープすることができれば

フェイスラインやほほのたるみが解消できるというわけです。

さらに、表情筋の筋力が凝り固まってしまったこともフェイスラインやほほのたるみの大きな原因です。

たるみ用マスクでグッと持ち上げた状態をキープさせることで表情筋をストレッチしていることになり、

血流が促進されフェイスラインやほほのたるみの解消へとつながります。

たるみ用マスクには、寝ている間に着用するものと起きている時に着用するものがあります。

どちらもフェイスラインやほほのたるみを持ち上げた状態をキープするという点では同じですが、

マスクの使用が少し違います。

寝ている間に着用するたるみ用マスクは、長時間使用しても大丈夫なように

フェイスラインやほほのたるみを持ち上げることに特化したシンプルな作りになっています。

寝ている間中ずっとリフトアップさせた状態をキープしておけるので、

顔のストレッチ効果が高いという特徴があります。

起きている間に着用するたるみ用マスクは、10~20分程の着用時間となっており、

リフトアップさせた状態のキープ時間は短いですが、

筋肉を刺激する突起がついていたりとより筋肉にアプローチできるという特徴があります。

どちらもフェイスラインをグッとリフトアップさせて小顔矯正効果を狙うという点は同じなので、

自分の生活スタイルに合った方を選ぶといいでしょう。

デメリット

たるみ用マスクを使用するデメリットは、耳やあごが痛くなることがあるという点です。

フェイスラインをグッと持ち上げた状態をキープするために耳にマスクを固定させます。

その際に耳たぶに負荷がかかり、痛みが生じてしまうことがあるのです。

また、フェイスライン全体を覆う作りとなっているたるみ用マスクは、あご先も締め付けられており、

その負荷が痛く感じることもあります。痛みを感じやすい人は、

時間キープできる就寝用のたるみマスクではなく、

短時間用のたるみマスクを使用することで痛みの発生を防ぎましょう。

最後に

最後に、自宅にいながら筋肉をストレッチすることができるたるみ用マスクはフェイスラインのたるみ予防や改善に効果的です。

たるみ改善の効果がある美容液などを塗った上からマスクをするという方法もおすすめです。