べたつき防止パウダーって知っていますか?

最近、肌がべたついてしょうがないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

人によって皮脂の分泌量に差が出てくるので、そう感じても無理はありません。

顔のべたつきは第一印象がダウンする原因の一つなので、

日頃から対策を立てていきたいところです。

いくつか方法はありますが、べたつき防止パウダーを使って、顔等のべたつきを防ぐのがベター。

今回は聞き慣れない方のためにもべたつき防止パウダーのメリットとデメリットを説明し、

エチケット対策の参考にして頂けたらなと思います。

メリット

べたつき防止パウダーを使ったことが無いという方も多いと思います。

まずはどういうメリットがあるのか説明していくので、

べたつき対策を行う上で参考にして頂けたら幸いです。

1点目は余分な皮脂を取り除けること。

顔や脇等のべたつきは皮脂の分泌量が過剰になることで起きます。

普段の生活習慣が乱れる程、顔のべたつきが目立ち、相手に不快感を与えてしまいます。

べたつき防止パウダーは気になる部分の皮脂を取り除き、

清潔感を与えるので、持っておいて損はありません。

2点目は臭い対策に役立つこと。

体から分泌される皮脂は臭いの原因とも言われ、多くの方を悩ましています。

べたつき防止パウダーは臭い対策にも役立ちます。

脇等の臭いがキツイという方も多いのではないでしょうか?

3点目は気分を一新できること。

べたつき防止パウダーは清涼感を感じさせる成分が配合されているため、

さっぱりと感じさせてくれます。

その使い心地の良さも多くの方が手を出している理由です。

4点目はメイク崩れを防ぐこと。

夏場等の暑い時期は汗の量が増えます。

それに伴い、メイクが崩れてしまい、メイク直しを行わなければなりません。

べたつき防止パウダーを使うことで汗や皮脂の分泌を抑え、メイクを保つという訳です。

以上、4点がべたつき防止パウダーにおける主なメリットです。

これらを見て、べたつき防止パウダーを使いたいと感じた方が多いのではないでしょうか?

メリット

べたつき防止パウダーを使う際、デメリットも理解しないといけません。

そこが分かっていないと、自分に合った肌や汗のケアを行うことができないからです。

ここでは、デメリットを何点か紹介します。

1点目はこぼすと処理が大変なこと。

べたつき防止パウダーを使う際、床にこぼしてしまうといった可能性も無いとは言い切れません。

その際、処理を行うのに一苦労するというデメリットがどうしても発生します。

浴室等のこぼしても困らないスペースで行うか、

新聞紙等を床やテーブルにしくといった配慮が大切です。

2点目はクリーム等と比べて伸びにくい。

パウダーという性質上、どうしても伸びの良さがイマイチというのは否めません。

購入する際、どれくらいの量が入っているかをチェックするのが大事です。

使いづらいという声が多く、リピートしないと答えている方もいます。

3点目は持ち運びに不向きなこと。

デオドラントスプレー等の場合はカバンに入れておくと、使う場面が多いです。

しかし、べたつき防止パウダーの場合はこぼすリスクや使う場所が限定されるといった点を考えると、

外出先で使えないという問題が出てきます。

べたつき防止パウダーのデメリットは主にこの3点が挙げられます。

出かける前に使うのに適した商品と言えるでしょう。

最後に

べたつき防止パウダーは皮脂や汗の分泌を抑えるため、

第一印象を少しでも良くするために選択肢に入れておいて損はありません。

日頃の生活で皮脂の分泌量が過剰になると、不潔な印象を与えてしまいます。

出かける前にスッキリした気分で1日を始めてみてはいかがでしょうか?

メイクを崩しにくくしたり、臭いを抑えてくれる点も必見です。