オリーブオイルのメリット・デメリット

はじめに、オリーブオイルとはオリーブ樹の果実のみから採取されたオイルのことです。

ほとんどのオイルが種子から採取されるのに対し、オリーブオイルは果実から採取されるので、

加熱処理や精製処理を必要とせず植物本来の風味や効果を感じることができるという特徴があります。

日本で売られているオリーブオイルは2種類あります。

「エクストラバージンオイル」と「ピュアオイル」と呼ばれるものです。

「エクストラバージンオイル」は、オリーブの果実をしぼっただけの純粋なオリーブオイルを言います。

「ピュアオイル」は、採取したオリーブオイルを精製して香りや味を抑えたオイル、

またはそのピュアオイルにエクストラバージンオイルを加えたオイルのことを言います。

食用としてもちろんのこと、肌や髪など美容用としても使われます。

メリット

オリーブオイルのメリットは、

加熱などの加工をしないのでオリーブに含まれる栄養素をそのまま摂取することができる点です。

オリーブオイルには「オレイン酸」といわれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、

その含有量は食物の中で最高と言われています。

オレイン酸は悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させます。

そのため、肥満や動脈硬化、糖尿病、高血圧など生活習慣病の予防になります。

また、抗酸化作用があり、ガンや脳血管障害、心臓病、糖尿病の予防になります。

オリーブオイルはオレイン酸以外にも活性酸素を抑制するビタミンEやポリフェノールが含まれており、

相乗効果が期待できます。

これらの栄養素はアンチエイジングとしての効果も高く、

飲むだけではなく肌に塗るという活用法も人気です。

オリーブオイルは小腸で消化吸収されにくく、

腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にしてくれるので、

便秘を改善する効果もあり、ダイエットにも最適です。

オリーブオイルの緑色の色素成分であるクロロフィルは、体内の毒素を排出するので、

ダイエットだけでなくニキビなどの炎症を鎮める効果もあります。

その他にも、白髪の予防、リウマチの予防などさまざまな美容と健康の効果が期待できる優れた油です。

保湿剤としてだけではなく、肌に優しいクレンジングとしても活用できるという特徴もあります。

ただし、オイルですので洗い残しのないよう、水ではなくお湯で流すということに注意しましょう。

デメリット

オリーブオイルの摂取量の限度を日本の厚生労働省は明らかにしていません。

オリーブオイルの不飽和脂肪酸のリスクが日本では明らかになっていないためです。

アメリカでは、1日の摂取量の限度を大さじ2杯としています。

食生活など生活習慣の違うアメリカ人と日本人を同じと考えるのは難しいですが、

オリーブオイルの取りすぎには注意しなければいけないようです。

また、美容に使われるのはエキストラバージンオリーブオイルですが、偽物が多いと言われています。

特に世界的に見ても日本はその確率がかなり高いので、

食用として売られているオリーブオイルを肌に使用するのはリスクが高いと言えるでしょう。

美容用として売られているオリーブオイルは純度の高い安全なものなので、

肌に使用する場合は美容用をおすすめします。

最後に

最後に、飲む量とオリーブオイルの純度(偽物)にさえ気をつければ

デメリットよりもメリットの方が多いのがオリーブオイルです。

食用として使う時は、そのままドレッシングとしても使え、

加熱しても崩れない栄養素が含まれており、使いやすいオイルです。

美容用として使う時も、クレンジングから保湿までスキンケアとしての用途は多くあり、

髪や体など全身に使用できることがオリーブオイルの魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)