シーバップを使って無呼吸症候群を治そう

いびきがうるさいと指摘されることはありませんか?

日頃から何気なく行っている睡眠ですが、その際に注意しないといけないのがいびきです。

人によっては睡眠時無呼吸症候群を発症している可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群は舌で気道を防ぎ、呼吸を止めてしまう病気です。

場合によっては死亡する可能性もあるため、睡眠時に注意しないといけません。

今回はシーパップという睡眠時無呼吸症候群を治療する方法のメリット、デメリットについて説明していきます。

メリット

シーパップという単語を初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか?

鼻マスクを装着し、空気を送り込む治療法です。

睡眠時無呼吸症候群を治す際によく用いられており、覚えておいて損はありません。

今からメリットを紹介していくので、参考にして頂けたらなと思います。

1点目はいびきの改善。

鼻呼吸を促すため、必然的に口呼吸の頻度が減ります。

結果、いびきの回数が減って安眠に繋がるという訳です。

いびきが酷いと、周りの方だけでなく、自分自身も眠れないといった問題が出てきます。

日頃からいびきで寝不足といった方は一度シーパップを試しに行ってみてはいかがでしょうか?

2点目は疲労感を軽減すること。

睡眠時無呼吸症候群でいびきが頻回になっていると、

どうしても眠れなくなってしまう可能性が高くなります。

シーパップを使えば、その可能性を下げることができるため、

普段中々眠れないという方は一度試しに行ってみると良いかもしれません。

質の良い睡眠が取れているのとそうでないのとでは大きな違いが出てきます。

3点目は血圧が下がること。

人によっては高血圧という方もいるのではないでしょうか?

高血圧と睡眠時無呼吸症候群が合わさることで脳卒中や心筋梗塞といった病気のリスクが上がります。

シーパップにより、高血圧から来る病気の予防に繋がるという訳です。

4点目は副作用がほとんどないこと。

治療を行っていく上で心配になってくるものは副作用の有無ではないでしょうか?

5点目は持ち運びができること。

出張先等にも使えるため、安心して睡眠が行えます。

以上、この5点がシーパップにおける主なメリットです。

睡眠時無呼吸症候群から来るいびきや寝不足を軽減できるので、

一度試しに行ってみてはいかがでしょうか?

デメリット

シーパップのメリットは分かったけど、

色々とデメリットがあるのではないかと感じている方も多いのではないでしょうか?

そういった疑問をここでは解決していきますので、

睡眠時無呼吸症候群の治療を行う上で参考にして頂けたら幸いです。

1点目はある程度の出費を要すること。

シーパップは毎月5,000円程度かかります。

通院しなければいけないため、スケジュールを上手く組まなければなりません。

2点目は根本的な治療法ではないこと。

あくまでシーパップは対処療法のため、継続して使い続ける必要があります。

3点目はシーパップを使いこなすのに時間を要すること。

鼻マスクの装着や寝る時の姿勢等、シーパップを使う上で考えないといけないことが色々存在します。

ベストな姿勢で眠るというのを踏まえると、ある程度試行錯誤しなければいけません。

以上、3点がシーパップを使う際のデメリットです。

ある程度のコストはかかるものの、快適に1ヵ月を過ごせるというだけでも出す価値があると思います。

最後に

シーパップを使うことにより、寿命が長くなるとも言われています。

いびきや高血圧を改善できるという点は注目しておいて損はありません。

毎日継続して行うのが大事で三日坊主にならないようにするのが大事です。

最初は慣れない所もあるかもしれませんが、一度試しに使ってみはいかがでしょうか?