バストアップクリームのメリット・デメリット

はじめに、クリーム(豊胸)とは、胸に脂肪を蓄えたり女性ホルモンを活性化させることで

バストアップに効果的な成分を配合した、バストアップを目的としているクリームのことをいいます。

バストアップサプリメントなどに配合されている有名なバストアップ成分として

「プエラリアミリフィカ」があります。

バストアップクリームは「ボルフィリン」というバストアップ成分も配合されており、

この2つの成分をメインとしてバストアップに効果的だといわれるさまざまな成分を配合して作られているのがバストアップクリーム(豊胸クリーム)です。

さらに、美肌効果のある成分も配合されているものが多く、バストアップさせながら美しい肌になることもできます。

メリット

バストアップクリーム(豊胸クリーム)のメリットは、

クリームをバストに塗るだけでバストアップできるという簡単さです。

バストは主に10%の乳腺と90%の脂肪で成り立っています。

乳房の中にある乳腺を守ろうとして乳腺の周りに脂肪が集まります。

そのため、乳腺が未熟な場合は脂肪が少なくなるのでバストのサイズが大きくなりません。

乳腺を活性化させて、脂肪を多く集めることでバストサイズを大きくすることができるのです。

バストアップクリームの主な成分は2つあります。

1つは乳腺を活性化させる作用のあるもの。もう1つはバストに脂肪を集める作用のあるものです。

乳腺は女性ホルモンによって増殖し、発達していきます。

バストアップクリームに含まれる「プエラリアミリフィカ」は女性ホルモンと似た働きをするといわれる成分で、

バストアップクリームを使うことで女性ホルモンを活性化させ、乳腺を発達させる効果があります。

また、バストアップクリームの多くに含まれる「ボルフィリン」という成分は、

脂肪を増殖させ蓄えるという作用をもっています。

ボルフィリンで増えた脂肪は減りにくいと言われており、バストの脂肪を増やして蓄える効果があります。

これ以外にも女性ホルモンを活性化させるさまざまな成分が配合されており、

直接バストにバストアップクリームを塗ることでバストのサイズを効果的に大きくすることができるのです。

また、美肌効果のある成分をたくさん配合しているバストアップクリームも多く、

美しい肌に整えてくれる効果があるのもバストアップクリームのメリットだといえます。

デメリット

バストアップクリーム(豊胸クリーム)のデメリットは、痩せすぎている人はその効果を実感しにくいという点です。

バストの90%は脂肪なので、いくらバストアップクリームの有効成分で脂肪を増やそうとしても限界があります。

バストアップしないということではなく、効果を実感するまでに時間がかかるということです。

脂肪が少ないというだけでなく、体重が少ない痩せ型の女性はそもそもホルモンバランスが乱れていることが多いからです。

ダイエットのしすぎはバストアップだけではなく体調に大きな影響を与えるので、

自分のBMI値をしっかりと計算して体重管理をすることが大切です。

とはいえ、痩せている女性でもバストアップクリームでバストアップしたという口コミもありますので、

効果がなかなか実感できないという女性は継続して塗り続けることが重要だといえます。

また、バストアップクリームだけではなく、

サポートブラやナイトブラなどを併用することでバストアップ効果を早く実感できるようになります。

最後に

最後に、バストアップクリームは塗るだけという簡単さに加え、

その成分によって効果的にバストアップすることができる優秀なアイテムです。

クリームを塗るときにマッサージをしたり、

他のバストアップアイテムを併用して使用することで確実にバストアップすることができます。