マウスウォッシュで清潔な口内ケアを

はじめに、口の中の爽快感が得られ、口臭予防にもなるマウスウォッシュを使っている人も多いと思います。

しかし、このマウスウォッシュの使い方を間違えていると

マウスウォッシュの効果が完全には発揮されないどころか

口臭をきつくする原因となってしまうことがあります。

マウスウォッシュには洗口液タイプと液体歯みがきタイプ(デンタルリンス)があります。

それぞれ目的が違うので間違えないようにしましょう。

マウスウォッシュのメリットとデメリットをきちんと理解して正しい使い方をすることが大切です。

メリット

マウスウォッシュを使用するメリットは、口をゆすいだ後の爽快感が得られるという点です。

マウスウォッシュは口の中の雑菌を殺して、虫歯や歯周病、口臭などを予防する効果があります。

口の中を清潔に保ってくれるので、さっぱりとした爽快感を得られます。

基本的に、マウスウォッシュには歯の汚れ(歯垢)を取り除く効果はないので、

歯磨き粉の代わりにはなりませんので注意しましょう。

そのため、マウスウォッシュを使用する前には歯磨き粉を使用して歯の汚れを落としておく必要があります。

歯みがきで口の中の汚れや雑菌を取り除いてから、

マウスウォッシュで残りの雑菌を洗い流すというのが正しい使い方です。

このマウスウォッシュの爽快感は口臭を軽減する役割もあります。

水で口の中をゆすぐだけでは口臭を軽減させることは難しいので、

口臭予防になるマウスウォッシュを使用して、

最後にマウスウォッシュで仕上げることで口臭を軽減させることができます。

マウスウォッシュの爽快感を得るためにアルコール成分が使用されることがありますが、

マウスウォッシュにアルコール成分が配合されていると口の中の水分が奪われやすくなり、

唾液が減少してしまいます。

唾液は天然のマウスウォッシュなので唾液が少なくなると口臭の原因となる

雑菌を繁殖させてしまうと言われています。

マウスウォッシュを選ぶときは、アルコール成分が配合されていないものを選ぶようにしましょう。

また、スース―する爽快感が苦手な人は、

アルコールフリーだけでなくオーガニック成分で作られた刺激の少ないマウスウォッシュも販売されています。

マウスウォッシュで口をゆすいだ後は、水でゆすぎなおすことはせず、

マウスウォッシュで仕上げることが口臭予防や歯周病予防などといった

マウスウォッシュの効果を最大限に発揮させる正しい方法です。

液体歯みがきとして歯磨き粉の役割をしてくれるマウスウォッシュもあります。

その場合は、マウスウォッシュで口をゆすいだ後に歯磨き粉を使用せずに歯みがきをしましょう。

デメリット

マウスウォッシュを使用するデメリットは、頻繁に使用することで逆に口内トラブルの原因になることがあるという点です。

マウスウォッシュは口内の雑菌を洗い流してくれるものですが、

口内の常在菌には良い働きをしてくれる必要な細菌もいます。

マウスウォッシュを頻繁に使用しすぎることで、良い働きをしてくれる必要な細菌まで洗い流してしまうことになります。

良い働きをしてくれる細菌は、虫歯や口臭を抑制してくれるので、

その細菌がいなくなれば余計に虫歯や口臭を増やしてしまうというわけです。

使用頻度を上げすぎないように注意しましょう。

最後に

最後に、口内を清潔にし、爽快感をもたらしてくれるマウスウォッシュは口臭などの口内トラブルを解消してくれるとてもおすすめなアイテムです。

マウスウォッシュは必ず使わなければいけないというアイテムではありませんが、

適切な頻度で使用することで気になる口臭を抑制してくれるので、口内ケアをする際はぜひマウスウォッシュを試してみてください。