リフトアップパックってすごい!

はじめに、リフトパックとはハリや弾力を与える成分を配合した洗い流すタイプのパックで、

パックを塗ってしばらく時間を置くとパックが乾くと同時にギューッと肌を引き締めてリフトアップさせるという特徴があります。

肌がたるむと、顔が大きく見える・フェイスラインがもたつく・二重あごになる・毛穴が開く

毛穴に汚れがつまる・ほうれい線が目立つ・目尻のちりめんじわが深くなる等

さまざまな肌トラブルの原因となり、年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。

たるみを解消することは多くの肌トラブルを解消することにつながるので、

アンチエイジングをする際は最も重要なポイントとなります。

リフトパックは塗って洗い流すだけという手軽さが人気の美容アイテムです。

メリット

リフトパックの最大のメリットは、

パックを塗って洗い流すだけで顔全体がリフトアップするという点です。

リフトパックが他の美容パックと違うところは、パックが肌の表面に幕をつくり、

その膜がパックが乾く時に肌を引き締めながら持ち上げる効果があるという点です。

ギューッと肌を引き締めながら乾いていくので、

パックを洗い流した時にすでにリフトアップ効果を実感できるはずです。

リフトアップ効果の即効性という点ではパックの中では最も有効なアイテムだといえます。

また、ハリや弾力を与える成分を多く配合しているので、内側からのリフトアップ効果もあります。

加齢や環境によってハリや弾力は失われてしまいます。

化粧水やクリームなどでケアするよりも、密封しながら美容成分を与えることができるリフトパックはとても効果的です。

しわに効果的な美容成分も多く配合されており、

リフトパックの膜を作ってリフトアップさせる作用と同時にほうれい線や目尻のちりめんじわの解消にも効果的です。

デメリット

リフトパックのデメリットは、その種類の少なさです。

販売されているリフトアップパックを調べたところ、その数は圧倒的に少なく、

好みのものを選ぶということはほとんどできません。

万が一選んだリフトパックが肌に合わない場合はリフトパック自体を諦めなければいけないということになります。

中には全く効果を感じられなかったというリフトパックもあったので、

成分や使い方をしっかりと吟味する必要がありそうです。

また、パックの膜が弱い場合は乾いている段階でパックがぱりぱりと割れてしまい、

肌を引き締めて持ち上げるという本来の作用を発揮できず、

期待していたリフトアップ効果が得られない場合もあります。

それは、塗布するパック剤の量が少なかったことが原因です。

パック剤の量が少ないと乾きながら肌を持ち上げることができず、パック剤がぱりぱりと割れてしまいます。

リフトパックを使用する際は、使用量をきちんと守り、

塗布する量を多めにしてパックが割れるのを予防する必要があります。

最後に

最後に、肌表面に幕をはり、パックが固まることでリフトアップすることができるパックというのは、

エステサロンでは一般的なアイテムです。

エステサロンのパックには効果は及びませんが、

同じような美容アイテムを自宅で簡単に使用できるというのはかなり嬉しいポイントだといえます。

スキンケアで最も重要なのは「保湿すること」ですが、

美容パックは美容成分をじっくりと浸透させることができるのでスキンケアの保湿効果も上がります。

リフトパックでは他の美容パックにない「パックが固まることで引き締めながら持ち上げる」

というリフトアップの即効性がアンチエイジングを頑張るすべての人におすすめできます。

小顔・ほうれい線・ちりめんじわ・毛穴の開きといった肌トラブルにお悩みの人はぜひ試してみてください。

化粧水やクリームといった基本スキンケアと併用することで、ごく短期間でその美容効果を実感できるはずです。