健康第一!ドリンク剤

体調がイマイチだなと感じる時はありませんか?

仕事や家事、友達付き合い等、普段何かとやることが多いと心身共に疲れてしまうので、無理はありません。

いざという時にコンディションをしっかりできるかどうかで物事が成功するかどうかも関わってきます。

その際に用いられるものにドリンク剤が挙げられます。

今回はドリンク剤のメリットとデメリットをいくつか説明するので、日頃の体調管理を行う上で参考にして頂きたいです。

紹介するものの中に「これは!」と感じるものも出てくるかもしれません。

メリット

まずはドリンク剤を飲むメリットは何かについて説明します。

1点目は疲労回復。

おそらく、大半の方がこれを目的にドリンク剤を利用しているのではないでしょうか?

アミノ酸やビタミンB群といったエネルギー生成に関わる栄養素が豊富なので、

仕事や家事の疲れを癒してくれます。

疲れた時に1本飲むといった方も多いです。

2点目は眠気を覚ますこと。

ドリンク剤の多くにカフェインが含まれているので、

眠気を覚ましたいといった時にもってこいです。

大事な場面で寝てはいけないといった時が往々にしてあるので、

普段あまり利用しない方はドリンク剤を手に取ってみてはいかがでしょうか?

3点目は目の調子を整えること。

栄養ドリンクの中には、アントシアニンを含んだものも存在します。

アントシアニンは目の機能を改善するため、日頃からパソコンやスマホ等に向かう時間が長い方はチェックしておいて損はありません。

4点目は気分を切り替えられること。

眠気の解消や疲労回復等に伴い、気分を一新し、目の前のことに打ち込めるのは栄養ドリンクならではのメリットです。

いざという時に飲むという方も中にはいるのではないでしょうか?

主にこの4点がドリンク剤の持つ大きなメリット。

日頃のコンディションを整えるためにどれか1本でもチェックしておくと良いかもしれません。

デメリット

ドリンク剤のメリットは分かったけど、デメリットもあるのではないかと感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、その辺りの疑問に答えていきます。

1点目は糖質が多いこと。

飲みやすくするために糖質を多めに入れているドリンク剤が多いです。

血糖値の上昇や肥満の原因にもなりかねないので、飲み過ぎないよう注意しなければなりません。

2点目は不眠症等の副作用。

ドリンク剤はカフェインが配合されており、過剰に摂取してしまうと不眠症になるケースがあります。

そうなると、翌日に支障が出たりするので本末転倒です。

1点目と同様に飲む本数を調整するのが大事。

依存症にならないよう注意しましょう。

3点目は肝臓への負担が大きいこと。

ドリンク剤は栄養が豊富な分、肝臓への負担が大きくなってしまうのが悩みどころです。

バランスの良い食事を摂り、ドリンク剤に依存しないようにしましょう。

以上、3点がドリンク剤における大きなデメリット。

スッキリするからといって何本も飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

体調を崩す可能性もゼロとは言えないので、程々にしておくのも頭に入れておかなければなりません。

最後に

仕事や家事等において、ドリンク剤を飲むという方は多く、

身近な存在になっている方も多いのではないでしょうか?

使いようによっては体調を整えてくれるのですが、一歩間違えると体調を崩す可能性もあります。

ビタミンB群やカフェイン等の疲労回復に関わる栄養素が豊富なので、

チェックしておいて損は無いです。

大事な場面を乗り越えるためにドリンク剤の力を一度借りてはいかがでしょうか?

ドリンク剤のメリットとデメリットをしっかりと理解し、自分の体調管理を行って頂けたら幸いです。