尿漏れパッド使っていますか?

はじめに、尿漏れパッドとは頻尿や尿漏れが気になる際に

パンティライナー感覚で使用できる頻尿や尿漏れ用のパッドのことをいいます。

妊娠中や出産後、加齢などで頻尿や尿漏れに悩む女性は意外と多いものです。

咳やくしゃみ、運動時や大笑いをした時などの腹部に圧がかかった時、

冷えや寒さで尿漏れを経験した女性も多いはずです。

長時間トイレに行けない時は尿漏れが気になって不安になってしまいます。

そんな時に便利なのが頻尿や尿漏れ用の専用パッドです。

パッドのサイズもナプキンのように細かく分かれており、

自分に合った尿漏れパッドを選ぶこともできます。

ナプキンやパンティライナーとは仕様が違いますので、

頻尿や尿漏れに困ったときは頻尿や尿漏れ専用のパッドを使用しましょう。

メリット

尿漏れパッドを使用する最大のメリットは、ふとした瞬間の尿漏れをカバーしてくれるという点です。

尿漏れというとおむつというイメージがありますが、

尿漏れパッドは漏れる尿の量によってちゃんと種類展開がされています。

軽い尿漏れの場合はおむつというよりも尿漏れパッドでしっかりカバーできるので安心してください。

尿漏れパッドはナプキンやパンティライナーと同じ感覚で使用することができます。

付け心地もそこまで変わらないので、女性にとっては使いやすいといえます。

始めはパンティライナータイプ、ちょっと量が多いなと感じた場合はナプキンタイプにするのが一般的です。

尿漏れパッドはナプキンで代用できるのかというと、

2つは全く違うものなので代用するのはおすすめできません。

まず、尿と経血では成分が全く違います。

尿漏れパッドは尿が逆戻りすることのないようしっかりと吸収してくれます。

肌に触れる部分がさらさらに保てるようになっているので、

尿漏れパッドが尿を吸収した後も快適に過ごせます。

また、尿漏れパッドには尿の臭いの元であるアンモニア臭を消臭してくれるという特徴があります。

ナプキンにはアンモニア臭の消臭効果はありませんので、

ナプキンで尿を吸収できたとしても臭いは漏れているかもしれません。

尿漏れパッドを使用する時に気になるのが、つけていることを知られたくないということです。

尿漏れパッドの厚さはナプキンとさほど変わらないか、ナプキンより薄いこともあります。

衣服の上からは尿漏れパッドをつけていることが全く分かりませんので、

尿漏れパッドの使用が他人に気づかれるということもありません。

デメリット

尿漏れパッドを使用するデメリットは、尿漏れパッドを使用すると

その安心感から尿漏れが一時的にひどくなることがあると言われています。

これは、逆をいうとしっかりと尿漏れパッドで頻尿や尿漏れをカバーできているということですので安心していいと思います。

あくまで一時的なものなので、尿漏れパッドを使用したことで尿漏れがどんどんひどくなるということはありません。

また、尿取漏れパッドから尿が漏れてしまうことがあるという点もデメリットとして挙げておきます。

これは、尿漏れパッドが吸収できる尿の量と尿漏れの量が合っていないことが原因です。

尿漏れパッドにはサイズや種類がたくさんあるので、

自分の尿漏れの尿の量に合った尿取りパッドを選ぶようにしましょう。

尿が漏れるのを気にして2枚重ねにする女性もいますが、

これは尿漏れパッドの構造上意味がありませんのでやめておきましょう。

最後に

最後に、頻尿や尿漏れに悩む女性にとってナプキン感覚で使用できる尿漏れパッドは非常に便利なアイテムです。

ナプキンと形が似ているため、尿漏れパッドとナプキンの違いがよく分からず、

尿漏れパッドの代用品としてナプキンを使用してしまいがちですが、その構造は全く違うものなので注意しましょう。