目指せ二重!夜用癖付けのり(夜用アイプチ)

はじめに、夜用癖付けのり(夜用アイプチ)とは、寝ている間に専用ののりをまぶたに塗ることで二重のラインを癖付けることのできるアイテムのことをいいます。

日中用のアイプチと違う点は、寝ている間のまぶたに使用することで朝起きた時に本物のような二重のラインを作ることを目的としているという点です。

寝ている間に使用するので、まぶたを閉じた状態でまぶたの皮膚を接着します。

そのため、接着力が強く、美容効果も高いという特徴があります。

メリット

夜用癖付けのり(夜用アイプチ)の最大のメリットは寝ている間に二重のラインを癖付けておけるので、日中は本物の二重のような自然な二重まぶたの状態をキープできるという点です。

日中用のアイプチは接着力が低下することで、作った二重がはがれてしまったり、まぶたに不自然な引きつりを作ってしまうことがあります。

夜用癖付けのり(夜用アイプチ)は寝ている間に二重のラインを癖付けておけるので、日中はアイプチを使用しなくても二重のラインが自然とキープされているというところが最大のメリットとなります。

誰にもアイプチをしているということに気づかれません。

二重の状態がキープできているので、メイクの邪魔にもならず好みのアイメイクを好きなだけ楽しむこともできます。

また、夜に使用するという特性からスキンケアを意識した美容成分を配合しているものが多く、目元を保湿してたるみを解消したり、まつげ美容液の役割をもつものもあります。

二重を作るだけでなく、目元の美容ケアにもなるというメリットもあるのです。

また、まぶたを閉じた状態で二重を作らなくてはならないので、その粘着力はとても高く、翌朝にはくっきりとした二重が作れます。

就寝中は二重のりがはがれてしまう原因となるまばたきをしないので、より強力に二重を作ってくれるのです。

夜用癖付けのり(夜用アイプチ)を継続して使用していると、夜用癖付けのり(夜用アイプチ)を使用しなくても一重に戻りにくくなっていきます。

中には、夜用癖付けのり(夜用アイプチ)を使用しなくても本当の二重になれたという人も多く、継続して使用することで本物の二重になるということも可能です。

これはとても大きなメリットだといえます。

デメリット

夜用癖付けのり(夜用アイプチ)のデメリットは、肌が荒れてしまうことがあるという点です。

寝ている間はずっと専用のりをつけていることになるので、皮膚の薄いまぶたには負担となってしまい、まぶたが赤くかぶれてしまうことがあります。

夜用癖付けのり(夜用アイプチ)は肌荒れしにくいように美容成分をたっぷりと配合していることがほとんどですので、普段は肌荒れしにくいのですが、体調を崩している時や生理中など肌が敏感になっている時は注意が必要です。

また、二重ラインを大きくくっきり作りたいからとまぶたが閉じない状態のまま眠ってしまうと、ドライアイになってしまうこともあります。

まぶたの脂肪が厚い人は、初めは無理をせずに少しずつ二重の幅を広げていきましょう。

最後に

最後に、夜用癖付けのり(夜用アイプチ)は、寝ている間に二重を作っておけるので、日中はアイプチをしなくても自然な二重ラインがキープされています。

誰にもバレずに本物の二重のような状態が長時間続くのはとても嬉しいポイントです。

日中用のアイプチなどは慣れるまではどうしても不自然さが残ってしまったり、自分の好きなアイメイクができなかったりします。

そのようなデメリットが全て解消されるのが夜用癖付けのり(夜用アイプチ)なのです。

まぶたの脂肪が厚くなかなか二重がキープできないという人は、初めは夜用癖付けのり(夜用アイプチ)と日中用のアイプチを併用して使用することをおすすめします。