薬用下地でテカリとニキビを予防しよう!

日頃生活を送っていると、肌のテカリやニキビ等のトラブルに悩まされているという方が多いです。

仕事や家事等が忙しくなって肌のケアに時間を割けなくなるのは往々にして存在します。

もちろん、忙しいからといってそのままにしていいわけではありません。

いくつか対処法がありますが、その中でもよく用いられているものに薬用下地が挙げられます。

人によっては使っているという方も多いのではないでしょうか?

今回は薬用下地のメリットとデメリットを紹介するので、普段の肌のケアを行う上で参考にして頂けたら幸いです。

メリット

まずは薬用下地にどういったメリットがあるのか何点か紹介します。

それを見て、薬用下地を使うかどうか判断して頂けたら幸いです。

1点目はニキビ予防ができること。

薬用下地を使えば、皮脂の分泌量をコントロールし、過剰にならないようにします。

結果、ニキビの量を増やさずに済み、美しい肌を保てます。

ニキビは思春期の頃から増え、

その後も不規則な生活習慣やストレスを抱えていると悩まされる肌のトラブルです。

それを少しでも解決できるという点で重宝している方も多いのではないでしょうか?

2点目は日焼け止め予防ができること。

人によっては紫外線に弱くて悩まされている方も多いのではないでしょうか?

敏感肌等の肌の弱い方は日焼けになりやすく、対策が必要です。

薬用下地を購入する際、日焼け止め指数をチェックしなければなりません。

SPFとPAがそれに当たり、SPFは30、PAは+++が目安になります。

紫外線は年中降り注いでいるので、夏だけ日焼け止めを行えば大丈夫という問題ではありません。

3点目はメイクを長時間持たせること。

1日過ごしていく中でメイク崩れは気になるところです。

薬用下地を使うことでメイク直しの手間を軽減し、面倒な時間を作らずに済みます。

化粧のりが良くなるため、普段中々メイクが仕上がらないという方は

一度薬用下地をチェックしてみると良いかもしれません。

以上、3点が化粧下地を使う大きなメリットです。

大半の方が抱えている肌のトラブルを防ぐことができるので、チェックしておいて損はありません。

デメリット

薬用下地のメリットは分かったけど、デメリットもあるのではないかと感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、その辺りの部分について説明します。

主なデメリットはものによっては肌荒れを引き起こす可能性があること。

これは他のコスメにも言えることですが、

アルコールや紫外線吸収剤といったものを使用している薬用下地は

逆に肌に負担を与えてしまう可能性が大きいです。

事前に低刺激性やアルコールフリーといった記載があるかどうかをチェックしなければなりません。

また、有効成分がどの位配合されているのかが分からないというのも悩ましいところです。

多く配合されているものは最初の方に記載されていますので、

そういった部分で自分に合った化粧下地かどうかを判断しなければなりません。

事前にレビューをチェックするのもありです。

全員が全員、配合されている成分を全部チェックするというわけではないので、

意外な落とし穴と言えるでしょう。

最後に

今回、薬用下地のメリットとデメリットを紹介させて頂きましたが、

「これは!」と感じたものはありましたでしょうか?

肌のケアを行う余裕が無いという方も一度薬用下地をチェックしておいて損はありません。

配合されている成分や日焼け止め指数、商品のレビューといったものをチェックし、

自分に合った薬用下地を見つけるところから始まります。

ニキビや日焼けは世代問わず共通している問題なので、これを機にコスメを見直すのをおすすめします。