顔用フィットネス器具で小顔になろう!

はじめに、顔用フィットネス器具とは、顔の筋肉と鍛えることを目的とした顔専用のフィットネスアイテムのことをいいます。

顔の筋肉を鍛えることを主な目的としている顔用フィットネス器具ですが、顔の筋肉を鍛えるとどのような効果があるのでしょうか。

脂肪というのは体だけでなく顔にも当然ついていきます。

顔に脂肪がつきすぎると、二重あごになったり顔全体が大きく見えてしまいます。

顔の筋肉を鍛えて、余分な脂肪を落とすことで小顔になれるのです。

また、顔の筋肉は使わなければ筋力が衰えていきます。

筋肉が衰えるということは、顔の皮膚が垂れ下がってくるということです。

ほうれい線やしわ、ほほのたるみなどは顔の筋力が低下していることも原因なのです。

顔用フィットネス器具を使用するということは、顔の筋トレをしているということです。

そのため、顔の血流が促進され、血色がよくなって肌に透明感が出たり、

新陳代謝が活性化されて肌がきれいになる効果があります。

このように、顔用フィットネス器具を使用して顔の筋トレをすることはさまざまな美容効果をもたらしてくれるのです。

メリット

顔用フィットネス器具を使用する最大のメリットは、顔の筋力をアップさせることができるという点です。

小顔に憧れる女性は多いと思いますが、顔の筋力が低下していると小顔になるまでには時間がかかります。

美容液などでスキンケアをするのは皮膚の表皮という部分だけですから、

小顔効果のあるスキンケアだけではなく顔の筋トレをすることが短期間で小顔になれる方法だということです。

表情筋は60種類以上あり、筋肉は使わないと衰えて垂れ下がっていきます。

日常生活でこの全ての表情筋を使っているわけではないので、

加齢とともに衰えた表情筋は筋トレで鍛える必要があります。

特に小顔に重要な筋肉といえば口周りにある「口輪筋」です。

口輪筋の周りには多くの表情筋がつながっているので、

口輪筋を鍛えることで顔全体のリフトアップにつながるというわけです。

反対に口輪筋が衰えてしまうと、口角が下がり、二重あごになったり、

たるみによってほほが下がってフェイスラインにもたつきが表れてしまいます。

口輪筋を鍛えるには、口元の筋トレが1番効果的です。

さまざまな種類のある顔用フィットネス器具の中でも口輪筋を鍛えることのできる口元の筋トレのフィットネス器具を使用することをおすすめします。

デメリット

顔用フィットネス器具を使用するデメリットは、筋肉痛がでてしまうということです。

体の筋トレをする時も同じですが、今まで使用していなかった筋肉に刺激を与える筋トレは筋肉が疲れてしまい、それが痛みとなって表れます。

筋肉がちゃんと鍛えられているという証拠でもあるので、

顔用フィットネス器具の効果がきちんと得られることは間違いないのですが、

無理をして痛みを我慢してしまうと別のトラブルとなってしまうこともあります。

顔用フィットネス器具を使用する時は、無理をせず自分のペースで頑張ることが大切です。

筋肉が疲労して筋肉痛がでてしまった時は、一旦顔用フィットネス器具を使用するのを中止して顔の筋肉を休ませてあげましょう。

最後に

最後に、表情筋を効果的に鍛えられる顔用フィットネス器具は、小顔やアンチエイジングにとてもおすすめできるアイテムです。

スキンケアだけを一生懸命に頑張るのではなく、顔用フィットネス器具を使用して衰えた表情筋を鍛えることで、

小顔になれるだけでなく、若々しい肌を蘇らせることにも繋がります。

顔用フィットネス器具はさまざまな筋肉を鍛えられるように

多くの種類があるので、自分の目的に合った顔用フィットネス器具を探してみてください。