ニキビ跡の原因と改善方法

ニキビ跡の赤み、とても気になりますよね。

ただでさえ悩みのタネになるニキビをせっかく治したのに、その後に残る赤み・・・

ニキビ跡の悩みを抱える方は大勢いるようです。

そんな私もニキビ跡に悩むうちの一人でした。

キレイな肌を目指すには、ニキビ跡はできるだけすぐに消してしまいたいもの。

今回は、ニキビ跡の赤みの原因と改善方法について見ていきましょう。

原因

ニキビが治った後すぐにキレイな肌に戻る人もいれば、ニキビ跡の赤みがずっと残ってしまう人もいます。

ニキビ跡が残る人とすぐに消える人の違いは、肌のターンオーバーがちゃんと行われているかどうかです。

肌のターンオーバーとは、簡単に言うと肌の生まれ変わりです。

正常であれば肌の内側では新しい肌が作られ、それが外側に押し出されていきます。

外側の古い肌が内側の新しい肌と入れ替わることによって、キレイな肌が保たれているのです。

ですが、肌のターンオーバーが乱れていると、いつまでもニキビで荒れてしまった肌が残ってしまいます。

ニキビ跡がなかなか消えない人は、肌のターンオーバーが遅いのが原因だと考えられているようです。

それでは、なぜ肌のターンオーバーが遅れてしまうのでしょうか?

その原因はたくさんあるようですが、睡眠不足や不十分な食事の2つが挙げられます。

睡眠不足が肌のターンオーバーを遅らせてしまう理由は、成長ホルモンが分泌されからことです。

成長ホルモンには肌の成長や新しい肌を生み出す働きがあります。

成長ホルモンは深い睡眠についたときに分泌されると言われており、睡眠が足りていなかったり浅かったりすると肌のターンオーバーが十分に行われないのです。

また、不十分な食事も肌のターンオーバーを遅らせます。

肌に良いとされる栄養はタンパク質とビタミンCです。

ビタミンCが肌に良いというのは聞いたことがあるのではないでしょうか?

ビタミンCはシミやそばかす、くすみなどに効くというのは有名ですが、ニキビ跡にも良いと言われています。

また、タンパク質も肌を作る元となる栄養素なので、肌のターンオーバーには欠かせません。

改善方法

ニキビ跡を改善するためには、肌のターンオーバーを促して肌の内側からニキビ跡のある表層部分を追い出す必要があります。

肌のターンオーバーを促すためには、「良質な睡眠をとること」と「肌に良い食事を摂ること」が大切です。

それぞれ詳しくご説明しますね。

1.良質な睡眠をとる
肌のターンオーバーには成長ホルモンが欠かせないことは先ほどご説明しました。

成長ホルモンは深い睡眠をとっているときに分泌されます。

長時間眠れば良いわけでも、小まめに睡眠すればよいわけでもなく、深い良質な睡眠が大切です。

ぐっすり眠った翌日は肌の調子が良いという経験はありませんか?

それは、肌のターンオーバーが調子良く行われた証拠なのです。

深い睡眠をとるためには、睡眠前のスマホを避けたりストレッチをしたりするなど、リラックスする時間を作るのが良いでしょう。

良質な睡眠でニキビ跡の改善までグッと近づくはずです。

2.肌に良い食事をとる
肌に良い食事とは、ビタミンCやタンパク質を含んだ食べ物をとることです。

ビタミンCを多く含む食品はレモンが有名ですよね。

それ以外にもピーマンやアセロラなどもビタミンCを多く含んでいるようです。

ビタミンCのサプリメントを検討しても良いかもしれません。

タンパク質を多く含む食品は、肉や魚、大豆などです。

特に魚はタンパク質だけでなく、肌に良い脂もとれるようです。

肉の脂が気になる方は鳥のササミをたべるなどの工夫をすると良いかもしれませんね。

植物性のタンパク質だと脂も気にしなくても良いので、豆腐や納豆などの大豆食品を多めに食べるのも良いでしょう。

最後に

ニキビ跡がなかなか消えない原因は、肌のターンオーバーが遅れていることが原因だと言われています。

肌のターンオーバーを促すには、良質な睡眠と適切な食事が大切です。

できるだけすぐに消したいニキビ跡、とても気になりますよね。

すぐにキレイな肌になるのは難しいかもしれませんが、日々のちょっとした心がけできっと改善することでしょう。