背中ニキビの原因と改善方法

背中にきびはどうしてできるのでしょうか?顔にできるニキビは薬を塗ったりケアをすればすぐに治るのに、背中のにきびはなかなか治らないなんてこともあります。

女性の方は特に肌のお手入れを念入りにしているかと思いますが、背中のお手入れって手の届きずらい部分ですし意外と手抜きしてしまいがちな部分なんですよね。

しかし、夏の時期になれば肌を露出する服が増えてきて、背中を出す事もあります。だからこそ、いつもキレイな背中でいたいと思うのです。

そこで今回は背中にきびが出来る原因とは何?と悩んでいる方へ改善方法をご紹介いたします♪

原因

背中にきびができてしまう原因とはなんでしょうか?私が背中にきびができてしまった時の体験も含めて調べた結果、

①頻繁にインナーやパジャマを変えていない。

②リンスやシャンプーの洗い残しがある。この二つが主な原因となっていました。

まず一つ目の「頻繁にインナーやパジャマを変えていない。」
というのは、人は寝る時に必ずコップ1杯分の汗をかくと言われています。その汗で背中が蒸れてしまったり、何回も同じパジャマを着ていると汗や汚れが毛穴から入ってしまい菌でにきびができてしまうという事です。

二つ目に「リンスやシャンプーの洗い残しがある。」
ということですが、シャンプーやリンスは髪の毛の汚れを落とすためにすることです。しかし、そのシャンプーやリンスがしっかりと洗い流されておらず、背中に成分がついたままだったりするとそこから菌が増殖してにきびができてしまうようです。

私も、背中ににきびが出来てしまった時はこの二つを怠っていました。それから気を付けるようにしていたら、背中にきびも出来ずらくなり今では全くなくなりました!

改善方法

では、背中にきびをよくするための改善方法とはいったい何なのでしょうか?

それは、毎日清潔でいるという事が一番大事な事です!例えば、その日着た洋服には沢山の汗や汚れがついていますよね?汚れている洋服を着たままだと、すでにできてしまっているニキビに刺激を与えて、炎症を起こしてしてしまい、更に悪化させてしまうという最悪な事態になってしまいます!

そうならない為には家に帰ったらすぐに着替えてインナーや洋服、もちろんパジャマも一日一回洗濯をして汗や菌を洗い流すことです。また、シャンプーやリンスをする前に身体を洗うのではなく最後に身体を洗うということで全ての汚れを洗い流す事が出来ます。

そして、身体を洗う時のボディソープは自分の体質や皮膚と合っているものを使うと良いですね。肌に合わないものを使ったり、強くゴシゴシと洗いすぎてしまうと必要である皮脂までも洗い流してしまうようです。

そうしてしまうことで、乾燥肌になってしまいにきびや皮膚が弱くなってしまう事もありますので注意してください。

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

背中にきびはできてしまうとなかなか治りません。まずは、背中にきびができてしまう原因を知る事とそして出来てしまわないように何をしたらいいのかを知っておくことが大事です。

そしてできてしまう前に、洋服を毎日変えたり毎日お風呂でしっかりと汗を流したり予防をする事も大切な事ですね。

もし、できてしまった時にはとにかく薬を塗ってみたり、身体をゴシゴシと洗ったりするのではなく、自分の肌に合ったケアをするという事でしっかりと背中にきびをキレイに直すことができますよ!

夏の時期には肌を露出する事も増えますし、女性なら特に肌のお手入れには気を使いたいと思います。誰もが振り向いてくれるようなキレイな肌を目指しましょう!

今からでもすぐにできる予防法と改善法です!

ぜひ、試してみてくださいね♪