あごニキビの原因と改善方法

あごニキビで悩んでいませんか?

あごニキビは悪化して赤みが出やすいので、普通のニキビよりも悩みが強いかもしれません。

あごニキビができるメカニズムは、普通のニキビと同じです。

ですが、治りにくく悪化しやすいがあごニキビの不思議なところです。

今回は、あごニキビの原因や改善方法をご説明します。

原因

あごニキビができてしまうメカニズムは、毛穴からでる皮脂で雑菌が繁殖してしまうというものです。

そして、あごニキビの主な原因は、「ホルモンバランスの乱れ」と「間違ったスキンケア」だと言われています。

まずホルモンバランスの乱れですが、睡眠不足やストレスなど日ごろの生活リズムの乱れが原因で起こります。

ホルモンバランスは身体の状態を整えるものですが、反対に健康状態が良くなければホルモンバランスも崩れてしまいます。

男性ホルモンと女性ホルモンのどちらにも皮脂の分泌を促す働きがあります。

通常は上手くバランスがとれており、皮脂も適切な分泌量なのですが、睡眠不足やストレスでどちらかが優位になると皮脂も過剰に分泌されてしまうのです。

また、間違ったスキンケアもあごニキビの原因になります。

Tゾーンと言われる眉上や鼻筋がテカテカしやすいのはご存知だと思いますが、実はあごも皮脂が分泌されやすい場所なのです。

Tゾーンは目立ちやすいので皆さんしっかりケアをされるのですが、あごは意外とケアを怠りがちなのではないでしょうか。

洗顔のときにあごをしっかりと洗ったり保湿をしたりしている方はあまり多くないようです。

あごのケアが不十分なことがあごニキビの原因です。

改善方法

あごニキビの赤みは目立ちやすく、早く治したい方も多いのではないでしょうか。

あごニキビの改善には、生活リズムを整えることやあご周囲の洗顔・スキンケアが大切です。

それでは、あごニキビの改善方法について一つずつ見ていきましょう。

1.生活リズムを整える
生活リズムを整えるといっても漠然としていますよね。
具体的に何をするかと言うと、睡眠と食事に気を付けると良いでしょう。

睡眠はリズムが大切です。毎日できるだけ同じ時間に眠りにつけるように調整しましょう。

人の身体のなかでは、体内時計に従ってホルモンバランスや自立神経が働いています。

睡眠時間がバラバラだと、ホルモンの分泌の調整もうまくできなくなってしまい、結果的にホルモンバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

また、食事も同じようにリズムが大切です。

毎日同じ時間に食事を摂ることで、ホルモンバランスも整えられていきます。

食事内容も肉の脂身や揚げ物を避けて、脂質を抑えると良いでしょう。

一方で魚の脂は肌に良いとされているので、様子をみながら食べるようにしてみても良いかもしれません。

2.あご周囲の洗顔・スキンケア
あごニキビを改善するには、まず余分な皮脂をしっかりと洗い流すようにしましょう。

洗顔はTゾーンと同じように、丁寧に行ってください。

ただし洗いすぎは肌の乾燥を引き起こしてしまうため禁物です。

1日に何回も洗わないようにしましょう。

洗顔後には保湿も大切です。

肌の乾燥によって皮脂が分泌されてしまうので、保湿クリームや乳液などをあごに塗布しましょう。

どうしてもベタつきが気になる方は、比較的水分量が多くさらっとしたタイプのクリームを使うと良いでしょう。

最後に

あごニキビは一度できると治りにくく、悪化しやすいと言われています。

悪化すると赤みが出て目立ってしまうので、一刻も早く治したいものです。