汚れ詰まり毛穴の原因と改善方法

毛穴のブツブツはとても気になりますよね。

毛穴の大きさには個人差がありますが、本来毛穴は目立たないはずのものです。

毛穴が黒ずんでいたりブツブツして見えたりする場合は、汚れ詰まり毛穴かもしれません。

毛穴が目立ってしまう原因である汚れの正体は何なのでしょうか?

今回は汚れ詰まり毛穴の原因や改善方法を見ていきましょう。

原因

毛穴の黒ずんで目立ってしまうのは、毛穴に汚れが詰まっているからです。

その汚れの正体は、「角栓」と呼ばれるものです。

角栓は皮脂と角質が組み合わさってできます。

角栓は透明な物質ですが、毛穴にずっと詰まったままでいると空気に触れている部分が酸化し、黒ずんでしまいます。

角栓が詰まっているだけでも毛穴が目立ってしまうのに、黒ずんでしまってはファンデーションを塗っても隠し切れなくなるでしょう。

汚れ詰まり毛穴を改善するには、この角栓を消さなければなりません。

角栓ができてしまう原因は多くありますが、一番の原因は皮脂の過剰分泌です。

皮脂が出すぎることによって、毛穴に詰まってしまう可能性が高くなります。

皮脂がなぜたくさん分泌されてまうかと言うと、間違った洗顔方法・スキンケアと、脂質を多く摂りすぎているからです。

肌が乾燥していると皮脂を出して守ろうとする働きをします。

しかし、皮脂が多く出て肌がギトギトしている方は、洗顔をしすぎたり肌の保湿ケアを怠りがちだったりします。

それにより肌の乾燥が進行してしまい、さらに皮脂が出されることになります。

また、脂質を多く摂りすぎることも皮脂が分泌される原因となります。

油ものや焼肉などをたべた次の日は顔がテカテカしませんか?

そのような食事を続けていると常に皮脂が分泌されることになるので、当然毛穴に角質がつまりやすくなってしまいます。

改善方法

汚れ詰まり毛穴を改善するためには、角栓をつくらないことが大切です。

角栓の元となる皮脂の分泌を抑えられれば、汚れ詰まり毛穴も改善されていくことでしょう。

汚れ詰まり毛穴の改善方法は、適切な洗顔方法と保湿ケア、脂質を抑えた食事です。

それでは、一つずつ詳しく説明していきますね。

1.適切な洗顔方法と保湿ケア
過剰に分泌される皮脂を取り除くには洗顔をしっかりと行うことが大切です。ですが、汚れ詰まり毛穴の方はたいてい洗顔をしすぎているケースが多いです。

皮脂を洗い流そうと長時間にわたって洗顔していませんか?

もしかしたら皮脂を取り除き過ぎてしまい、乾燥肌を助長してしまっているかもしれません。

洗顔の時間は1分程度で良いとされています。

もちろんそれぞれの肌の状態によって適切な洗顔時間も違いますが、まずはいつもより少しだけ洗顔する時間を縮めてみましょう。

また、洗顔後の保湿ケアも重要です。

洗顔後は肌が乾燥しやすい状態となっています。

「どうせすぐにべたつくから」と、保湿ケアを怠ってはいけません。

保湿クリームや化粧水を塗りすぎるのも肌には良くないですが、いつもより多めに塗布するようにしてみましょう。

それでもべたつくようであれば、サラサラのタイプの美容液を使うようにしてみてください。

一番よくないのが、乾燥しやすい状態の肌を放置することです。

2.脂質を抑えた食事
肉や魚などのタンパク質は肌をつくる材料なのでしっかり摂るべきですが、脂質はできるだけ取らないように気を付けましょう。

肉を食べる時には脂身を取り除いたり、赤身を食べるようにしたり意識するだけでも十分です。

揚げ物などの油ものはできるだけ避けた方が良いでしょう。

最後に

汚れ詰まり毛穴は、角栓が毛穴に詰まり目立ちやすくなっているものです。

角栓は皮脂と角質によってできているので、皮脂の分泌を抑えるのが一番効果的です。

皮脂の分泌を抑えるためには、洗顔方法や保湿ケアに注意し、脂質を摂りすぎないようにしましょう。

日ごろからの少しの心がけで変化を実感できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)