イチゴ鼻の原因と改善方法

イチゴ鼻は、イチゴの種のように黒いブツブツが鼻に出来てしまい、とても目立ちますよね。

すぐに消してしまいたい黒いブツブツですが、あの正体をご存知でしょうか。

イチゴ鼻の黒いブツブツの正体は、毛穴につまった皮脂が固まって酸化したものです。

黒いブツブツは角栓と呼ばれるもので、毛穴にしぶとく詰まり続けてしまいます。

それではイチゴ鼻の角栓はなぜできてしまうのでしょうか。

その原因は、「皮脂がたくさん分泌される」ことと「毛穴が広がってしまっている」ことです。

1.皮脂がたくさん分泌される
皮脂がたくさん分泌されることで、毛穴に詰まる角栓が作られる確率が高くなります。

反対に、皮脂が少なければ角栓ができることはないはずなのです。

皮脂が分泌されてしまう原因にはさまざまなものがありますが、多くの方に共通しているのが肌の乾燥です。

「肌が乾燥しているなら皮脂も少ないんじゃないの?」と思う方がいるかもしれません。

しかし、乾燥肌の方こそ皮脂が分泌されやすいのが事実です。

肌は皮脂を出すことで、肌そのものを保湿したり雑菌から守ったりしています。

しかし、肌が乾燥すると肌のバリアー機能も低下してしまいます。

乾燥した肌はそれを防ぐために皮脂をたくさん出してしまいます。

2.毛穴が広がってしまっている
毛穴が広がってしまう原因は、先ほどお伝えした角栓が詰まっていることが挙げられます。

角栓がずっと詰まっていることで、毛穴はどんどん広げられ、さらに角栓が詰まりやすくなる、といった悪循環となります。

毛穴が広がってしまうその他の原因には、毛穴パックの使用やファンデーションの洗い残しも挙げられます。

毛穴パックは無理やり角質を取り除くため、角栓の根本部分が力づくで引き出されます。

無理やり角栓を引き出された毛穴は、押し広げられたままの状態となるため、毛穴のひらきがもっとひどくなってしまいます。

またファンデーションの洗い残しは、ファンデーションそのものが毛穴につまり、広げてしまいます。

原因

イチゴ鼻は、イチゴの種のように黒いブツブツが鼻に出来てしまい、とても目立ちますよね。

すぐに消してしまいたい黒いブツブツですが、あの正体をご存知でしょうか。

イチゴ鼻の黒いブツブツの正体は、毛穴につまった皮脂が固まって酸化したものです。

黒いブツブツは角栓と呼ばれるもので、毛穴にしぶとく詰まり続けてしまいます。

それではイチゴ鼻の角栓はなぜできてしまうのでしょうか。

その原因は、「皮脂がたくさん分泌される」ことと「毛穴が広がってしまっている」ことです。

1.皮脂がたくさん分泌される
皮脂がたくさん分泌されることで、毛穴に詰まる角栓が作られる確率が高くなります。

反対に、皮脂が少なければ角栓ができることはないはずなのです。

皮脂が分泌されてしまう原因にはさまざまなものがありますが、多くの方に共通しているのが肌の乾燥です。

「肌が乾燥しているなら皮脂も少ないんじゃないの?」と思う方がいるかもしれません。

しかし、乾燥肌の方こそ皮脂が分泌されやすいのが事実です。

肌は皮脂を出すことで、肌そのものを保湿したり雑菌から守ったりしています。

しかし、肌が乾燥すると肌のバリアー機能も低下してしまいます。

乾燥した肌はそれを防ぐために皮脂をたくさん出してしまいます。

2.毛穴が広がってしまっている
毛穴が広がってしまう原因は、先ほどお伝えした角栓が詰まっていることが挙げられます。

角栓がずっと詰まっていることで、毛穴はどんどん広げられ、さらに角栓が詰まりやすくなる、といった悪循環となります。

毛穴が広がってしまうその他の原因には、毛穴パックの使用やファンデーションの洗い残しも挙げられます。

毛穴パックは無理やり角質を取り除くため、角栓の根本部分が力づくで引き出されます。

無理やり角栓を引き出された毛穴は、押し広げられたままの状態となるため、毛穴のひらきがもっとひどくなってしまいます。

またファンデーションの洗い残しは、ファンデーションそのものが毛穴につまり、広げてしまいます。

改善方法

イチゴ鼻の改善方法は、「肌の保湿」と「正しい洗顔」です。

1.肌の保湿
先ほどお伝えしたように、肌は乾燥することで皮脂をたくさん分泌してしまいます。

したがって、乾燥さえ防いであげれば、皮脂が余分に出ることはありません。

肌の保湿は、後ほどご説明する洗顔方法での洗顔の後に行います。

イチゴ鼻での保湿は、鼻以外の顔の部位で行っているのと同じように行うだけで大丈夫です。

鼻は皮脂が分泌されやすいパーツであるため、保湿ケアがついつい適当になってしまいがちです。

まずは、乳液や化粧水などを使い、しっかりと保湿してあげるようにしましょう。

もし保湿後のベトベトが気になるなら、鼻まわりの保湿だけ「さらさらタイプ」の保湿液を使うようにしましょう。

2.正しい洗顔を行う
イチゴ鼻改善のための正しい洗顔とは、できるだけ洗顔料を使わない方法です。

ファンデーションや化粧品を落とすための最低限のクレンジング料や皮脂を落とすための洗顔料はつけるべきですが、いつもより使用する量を減らしましょう。

先ほどからお伝えしているように、イチゴ鼻を改善するためには、皮脂の落としすぎは最も避けるべきなのです。

洗顔料はいつも使用している量の3分の2程度に減らしてみてください。

洗顔料を減らしても、適度に皮脂を落とす方法があります。
それは、お湯での洗顔です。

洗顔料をつける前に、お湯での洗顔を念入りに行ってみてください。
38℃程度のぬるま湯は皮脂を落とすのに最適な温度とされています。

まずはお湯で余分な皮脂を落とし、洗顔料はいつもの3分の2の量に減らしましょう。

最後に

イチゴ鼻は、皮脂が固まったものが酸化した角栓が、毛穴につまっていることが原因です。

そして、肌の乾燥や毛穴が広がるさまざまな原因が根本にあります。

イチゴ鼻を改善するためには、先ほどご説明した肌の保湿と正しい洗顔です。

この方法を試すことで、イチゴ鼻は少しずつ改善されることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)